妊娠中の使用は控えた方がよいですか?

アロマの書籍などよると、妊娠中は女性ホルモン用物質を含む精油は禁忌だと書いてあるところが多いのが事実です。
女性ホルモン用物質を含む精油の代表的なものはクラリセージやゼラニウム、イランイラン、ローズなどがあります。
これらの精油の原液をマウスの子宮へ落とすと子宮が収縮したという実験報告があるために言われていることですが、 精油は血液中に入り、ホルモンのように作用しますが、その動きは非常に緩和なものです。
精油は単体を成分抽出したものではなく、何百もの成分が複雑に構成しあっています。
人体の中に入ったときはそれぞれの成分が互いに拮抗しあって決してそれだけ極端に作用することはありませんが、やはりこのような意見がある以上、妊娠中のご使用はお控えいただくことをおすすめいたします。

  • コメント: 0

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA