弱酸性ですか?

弊社の石けんは、合成界面活性剤を使用しておりませんので弱アルカリ性となります。
昨今弱酸性が肌に良いと謳われておりますが、アルカリ成分の石鹸を弱酸性に傾かせる為は合成の界面活性剤などの化学物質を使わざるを得ません。また、合成界面活性剤を使用するとタンパク変性といって合成界面活性剤が肌に残留し、角質層をもろくするとも言われています。

肌の自然治癒力は意外に強く、洗浄後の肌のpH変化を追ってもわかるとおり、弱アルカリ性の石鹸で洗っても、水で洗い流すと皮膚表面はほぼ中性近くまで戻ります。

その後、酸性の皮脂や汗などが分泌されることで、肌は自然に30分ほどで弱酸性へ戻ります。皮脂や汗がほとんど出ないような状態のお肌であれば話は別ですが、特に皮膚トラブルを抱えていない健康な肌であればアルカリ性の洗浄料で洗って肌がアルカリ性に傾きっぱなしになるようなことはありません。
もし、洗い上がり後の「つっぱり感」が気になるようでしたら、洗顔後に弱酸性の化粧水をたっぷりつけて下さい。

  • コメント: 0

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA